ケーブルワン 情報カメラを活用した「防災チャンネル」の放送開始

株式会社ケーブルワン(本社:佐賀県武雄市、代表取締役社長:大野裕志)は、株式会社サテライトコミュニケーションズネットワーク(以下、SCN、本社:鳥取県米子市、代表取締役:髙橋孝之)の「コミネット マルチ画面ソリューション」を採用し、第2コミチャン(121ch)で情報カメラを活用した「防災チャンネル」の放送を6月1日から開始しました。

「防災チャンネル」では、24時間365日 天気情報番組と放送エリア内の情報カメラ、火災情報、気象警報を放送し、地域で発生した災害情報をいち早く視聴者に伝えます。災害情報として、最も重視したのが、状況を的確に把握できる情報カメラの映像です。市内を六角川と松浦川が流れる武雄市では、これまで大きな水害を経験しており、災害時にリアルタイムな情報提供の必要性を感じていました。防災チャンネルでは、国土交通省武雄河川事務所や武雄市の協力による7台の河川監視カメラと市内の水害常襲ポイントに自社でカメラを設置し、映像を収集しています。更に、気象特別警報、気象警報が発表された場合は、背景色を災害時用に切替え、視覚的に緊急度を伝え、視聴者が意識できるように工夫しました。

こうした取り組みを通じて、ケーブルワンは、地域の住民に欠かせない災害情報、安全安心情報を即時に伝えること、状況の把握が難しい集中豪雨による河川増水や洪水への対応、そして平常時からの防災意識の普及啓発に努めて参ります。今後もケーブルワンは、国土交通省や自治体など防災機関とも連携して、地域の防災力の向上を目指します。

ケーブルワン 情報カメラを活用した「防災チャンネル」

株式会社ケーブルワン

担当:クリエイティブ事業部 部長 前田 雄次
〒843-0023 佐賀県武雄市武雄町昭和360(TEL:0954-23-7511)
URL:http://www.cableone.ne.jp

問い合わせ先

■株式会社サテライトコミュニケーションズネットワーク
担当:企画ネットワーク部

Categories: コミネット情報 プレスリリース 新着情報