大分ケーブルテレコム運用のコミュニティチャンネル緊急情報放送向けに「コミネット」サービス提供開始

株式会社サテライトコミュニケーションズネットワーク(本社:鳥取県米子市、代表取締役:髙橋孝之、以下、SCN)は、平成29年4月1日(土)から、大分ケーブルテレコム株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役社長:中谷博之)が運営するコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル大分」(111ch)の緊急情報放送向けに、「地域情報・緊急情報 自動表示サービス コミネット」の提供を開始いたしました。

本サービスの導入によって、地震速報、津波情報、気象警報、台風情報、避難関連情報など各種情報の収集・表示までの自動化、ならびに局のスタッフによるブラウザからの情報入力が可能となり、きめ細やかな地域の緊急情報、安心安全情報を視聴者に伝えることができます。

4月1日(土)から大分ケーブルテレコムでは、地震や津波、気象警報が発表されると、即時にコミュニティチャンネルにアラーム音とともに画面上部にロールスーパーでその旨を自動表示します。さらに、緊急度が高い避難指示・勧告情報が発表されたり、長時間継続したりする場合には、Lアラート※1と連動して、放送画面をL字レイアウトに自動で切り替えて、避難関連情報を表示します。

SCNは、今後もコミネットサービスの利便性を高めると共に、地域の方々のニーズと合致する新規サービス開発を行い、CATVの事業発展に貢献していきます。

※1・・・・Lアラートは、一般財団法人マルチメディア振興センターが運営する、災害発生時やその復興局面などにおいて、公共情報を発信する自治体・ライフライン事業者などと、それを伝える放送事業者・通信事業者を結ぶ共通基盤です。

大分ケーブルテレコム株式会社

大分県大分市松が丘3丁目1-12
URL:http://wwwjcom.oct-net.ne.jp/

問い合わせ先

■株式会社サテライトコミュニケーションズネットワーク
担当:CATV事業部 企画営業課

Categories: コミネット情報 プレスリリース 新着情報