J:COMの情報カメラを活用した新番組において SCNが表示システムの構築、運用を支援

株式会社サテライトコミュニケーションズネットワーク(本社:鳥取県米子市 代表取締役:髙橋孝之 以下、SCN)が提供する「コミネット マルチ画面ソリューション」が、株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:井村公彦 以下、J:COM)のコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル」で2018年7月1日より本格放送を開始する新番組『LIVEマルチ情報館』に採用されました。

『LIVEマルチ情報館』はJ:COM各地の情報カメラや地域のイベント情報、局からのお知らせ、最新のお天気情報など、毎日の出勤やお出かけ前にチェックしたい情報をリアルタイムでお届けする番組です。SCNでは専用システム(情報カメラを除く)の構築に加え、イベント情報、局からのお知らせなどの文字情報の作成、送出スケジュール、情報カメラの監視などの業務も担当し、運用を支援しています。

また災害発生時や有事の際には緊急レイアウトに切り替え、防災情報などを文字情報で掲出する機能も構築いたしました。
SCNでは、今後もコミュニティチャンネルに対して有用性の高いサービスを提供出来るよう、サービスの拡充、向上に努めて参ります。

問い合わせ先

■株式会社サテライトコミュニケーションズネットワーク
担当:CATV事業部 企画営業課

Categories: コミネット情報 プレスリリース 新着情報